美白美容液 徹底比較ランキング

1点だけ美白ケア!なら迷わず美白美容液をチョイスしましょう。
美容液って「スペシャルケア」ってことで、化粧品メーカーが一番気合が入っていると私は思ってます!
実際ハイドロキノンなどの美白成分の濃度も化粧水よりぐっと高め。

そんな美容液、くすみ対策で面で攻めるか、シミ対策で点で攻めるのか、はたまた両方なのか、で選ぶものも変わってきます。
同じ美白化粧品を使い続けているとだんだん効果を感じにくくなってきますので、気分や季節、その時のお肌の調子に合わせて美白化粧品をチョイスしたいですね。

  1. ビーグレンの美白美容液

    ビーグレン

    点でも面でも使えるビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9はハイドロキノン配合なのに全顔に使用可能、低刺激でありながら浸透性のよさから効果のスピードアップも実現した夢のような美白クリーム。
    くすみが気になるときは全顔で、もちろん気になるシミだけスポット的にも使用できるので一つで2度おいしいのでリピート率もかなり高いんです。
    皮膚科などで処方されることもあるハイドロキノンはドラッグストアの市販品ではほとんどお目に掛かれない美白成分。
    ビーグレンは使い続けるうちにきれいな白肌になれると評判の美白美容液です。
    私はこれで透明感がアップ、ファンデもワントーン明るくなりました。

    Cセラムは高濃度でビタミンCを配合の、美白、毛穴、ニキビ、たるみと万能な美白美容液。くすみやニキビ跡のシミならこちらもおすすめ!透明感のある明るい肌になりました。

  2. アンプルールの美白美容液

    アンプルール

    点で攻めるならコンセントレートHQ110!美容ジャーナリストも指名買いするほどの人気美白美容液でシミの消しゴムとまで言われているんだとか!「新安定型ハイドロキノン」を高濃度で配合し、狙ったシミにピンポイントで攻めます!どうしても消したいシミがあるなら迷わずこの美白美容液!市販品でここまでのハイドロキノンを配合した美白商品はなかなかありません。

    薬用アクティブフォーミュラはアルブチンとビタミンC誘導体を配合した美白美容液。朝晩24時間美白を続けて、使い続けることで透明感が増し、シミの原因をブロックしてくれます。全顔での美白を検討中ならこちらの美容液をおすすめします。くすみ対策にもおすすめ。

    トライアルには入っていませんが、メラルミナスは美白とエイジングの両方をかなえてくれる美白美容液でコンセントレートHQ110の代わりにこちらを使う人も多いんだそう。「新安定型ハイドロキノン」だけではなく新規メラニンコントロール成分も配合し、Wで美白を目指してくれるうれしい美白美容液。

  3. アスタリフトの美白美容液

    アスタリフト

    2016年に新しくなったエッセンス インフィルト。シミの骨となるメラニンの分解のカギとなる2つのナノ成分が旧製品より10倍も働いてくれる、まさに攻める美白美容液。もともとエイジングケアラインだったアスタリフトならではのバツグンの保湿力とエイジングケアの力で、幅広い年齢層に人気です。

    季節の変わり目が苦手な方でも安心して使えるので、1年通しての美白対策に役立ちます。

  4. サエルの美白美容液

    サエル

    あなたが敏感肌で、お肌のくすみやシミに悩んでいるのならぜひ試してほしい美白美容液がサエルのホワイトニング エッセンス クリアリスト。ホワイトニング エッセンス クリアリストならにっくきシミをより目立たせてしまう敏感肌特有のくすみの3原色のない未体験の白へ!アルブチン配合で、シミにもしっかりアプローチしてくれます。敏感肌のために開発された美白美容液ですが、どんな肌質でももちろんOK!

    季節の変わり目が苦手な方でも安心して使えるので、1年通しての美白対策に役立ちます。

美白美容液を使うタイミング

普段美容液を使い慣れていない人だと、どのタイミングで使えばいいのかわからない、という疑問、ありませんか?

スキンケアをする場合、基本的に
水っぽい(さらさら)→こってり(固め)の順で使っていくとよいといわれています。

美容液もさらっとしたタイプもあれば、クリームのようなものまで幅広くありますが、基本的には「化粧水の後」「乳液やクリームの前」です!
クリームの後に使うと、せっかくの成分が油分に邪魔されてしまうことも。

ちゃんと使う順番を守って、透明感のある白肌をゲットしましょう♪

化粧品メーカーが美白美容液に気合を入れているわけ

美容液に一番気合が入っていると思うわけ、それは各メーカーの最新技術がいち早く反映されることが多い商品だからです。
ユーザーとしても一番効果が出るだろう!という期待を持っているわけですから、メーカーも開発にはかなり力を入れています。

メイクと同様、どんどん新しい美容液を発表しているんです。

例えば資生堂。
いまでこそ「HAKU」は化粧水等揃ってライン化していますが、発売当初は単独の美白美容液でした。
ソフィーナも「アルブラン」という美白ラインはありますが、それよりも前から「ソフィーナホワイト」という美白美容液のブランドがあります。

最新技術を開発してそれをすべてのラインに活かすよりも、美容液に注ぎ込む方が楽なのかしら?とユーザーの私としては思うんですね。
というわけで、スキンケアにどれかひとつ美白ものを追加するなら、私は迷いなく「美白美容液を追加しなさい!」とアドバイスしたい(笑)

コメントを残す