日焼け止め塗り方のコツ

日焼け止めを毎日使うのだから、紫外線の影響を受けたくないと思っているはず。
正しい塗り方や効果のある塗り方で、しっかりと自分の肌を守りましょう。

日焼け止めを塗る前の段階でも気を付けられること

日焼け止めは、ただ塗っておけばOK、というものではありません。
ですが、塗る前の肌の状態だって大切です。

洗顔後の化粧水や乳液、美容液など、丁寧に肌のケアをしておきましょう。
肌の表面がビチャビチャ・ベタベタな状態だと日焼け止めを塗っても落ちやすいので、手でしっかりと肌の奥まで届かせるようなつもりでハンドプレスしておくといいですね。

日焼け止め前の肌のお手入れがアスタリフトホワイト美白トライアルキットならこれひとつで完了!


今なら日焼け止め(UV美容液)もセットになってます!
日焼け対策と同時に美白も出来ちゃうし、さらになんといってもプチプラでオススメです!

日焼け止めの塗り方・顔編

日焼け止めの適量って知っていますか?

何となく手に取って塗っている人が多いと思いますが、顔であれば、手に500円玉の大きさの量を取った分とされています。
一度にこの量を塗るのはムラになって難しいので、半分の量を一度に出して使うようにしましょう。

まずは500円玉大の半量を、左右の頬、おでこ、鼻の頭、あご、計5点にのせます。
内側から外に向かって丁寧に広げて塗っていきますが、チョコチョコと手を動かすとムラになりやすいので、できれば大きく動かして塗りましょう.。

残った半量はもう一度同じように5点置きして塗ることで、しっかりと肌をカバーすることができます。
塗り忘れがちな小鼻などにいきわたるように意識してくださいね。

日焼け止めの塗り方・体編

顔よりも塗りやすいですが、塗る範囲が広いからこそ、ムラになりやすくもあります。

関節から関節まで、例えば肘から手首まで、日焼け止めを1本の線になるように出して、手のひら全体で塗り広げましょう。
ボディクリームのようにすりこんでしまわないように気を付けてくださいね。

足の甲や首の後ろ、肘や膝の裏は特に忘れやすい場所なので、要注意です。

日焼け止めを塗る際に気を付けたいこと

肌が乾燥した状態のまま日焼け止めを塗るのは避けましょう。
日焼け止めの成分によって、余計に乾燥してしまうんです。

また、特に体に塗る際に薄く伸ばしてしまいがちになりますが、これも実は効果があまり得られない塗り方。
たっぷりとケチらず塗ることで効果が発揮されるので、顔同様、2度塗りをするのがいいかと思います。

つい塗るのを忘れてしまうという人に多いのが、外出直前に塗る、ということ。
これも実は、日焼け止めの効果が発揮できていないんです。
外出する30分前には塗り終えておくと、日焼け止めがしっかりと肌になじんでいるので、ちゃんと日焼け防止になってくれますよ。

また、一度塗ったからと安心せず、2、3時間おきに塗り直すのが一番効果的です。
いくら効果が高い日焼け止めでも、汗や皮脂で落ちてしまうので、こまめな塗り直しをしましょう。

日焼け止め・紫外線対策関連記事