ノンケミカルってなに?

この頃見かけるオーガニックノンケミカルの日焼け止め、使ったことはありますか?

敏感肌という人や、肌荒れする時期に使う日焼け止めとして使えるだけではなく、肌断食の時にも使えるのでとても重宝します。

肌断食とは?

肌断食とは、ふだんメイクなどで疲れている肌を休めるために、何もスキンケアしない日を作るという美容法です。

本来ならば、肌は自分でダメージを治癒する力を持っていますが、ストレスや過保護なスキンケアのせいでその力もパワーダウンしてしまいます。
パワーが弱まると、バリア機能や保水力、抗酸化力が低下して、シミが出やすくなったり乾燥したりといったトラブルの引き金になってしまうんだとか。

そんな時にこの肌断食をすると、肌の水分量がアップしたりと肌の自活力が上がって肌年齢も若返るんです。

とは言え、怖いのは何も付けていない肌が受ける、紫外線の影響。
そんな時にノンケミカル・オーガニックの日焼け止めを使えば、肌への負担だってぐんと減らせるんです。

本当にオーガニック?無添加?

オーガニックやノンケミカル、無添加といった日焼け止めを本当によく見るようになりました。
ですが、実は配合されている成分が100%そうかというと、違う場合もあるんです。

例えば成分の一部がオーガニックであれば、もうその商品をオーガニックと大々的に言ってもいいことになっているらしいんですよ。
だから、日焼け止めの成分が全て肌に優しいというわけではない場合がある、という事なんです。

ノンケミカルって何?

日焼け止めには、紫外線吸収剤紫外線散乱剤が入っています。

紫外線吸収剤はその名の通り、紫外線を吸収することで肌に紫外線を届かせにくくするのですが、化学物質なので肌への刺激が気になるところ。
それに比べて紫外線散乱剤は、化学物質ではなく自然由来の原料である物が多いので、肌への負担が少ないんです。

この紫外線散乱剤を使っている日焼け止めを、ノンケミカルとされているんですよ。

メリットは何と言っても、肌への低刺激。
敏感肌の人だけでなく、小さな子供用としてもおすすめです。

ですが、汗や皮脂で落ちやすく、付け心地がもったりこってりしていて、あまり気持ちよくはないかもしれません。
塗り心地は諦めたとしても、いつも以上にこまめに塗り直しが必要とも言えますね。

紫外線吸収剤ってどうして肌に良くないの?

SPF値が高いものほど入っていることが多い紫外線吸収剤ですが、SPF値が高くなくても配合されていることだってあります。

というのも、この紫外線吸収剤は紫外線防止力がとても高いから。
そして、無色透明なので白く浮くこともないし、サラッとしていて汗に強く、なめらかな塗り心地になるからなんです。

付け心地や使用感は抜群にいいのですが、有機化合物なので、特に敏感肌の人や肌荒れしている人にとっては刺激を感じる場合があります。

また、紫外線吸収剤の中には発がん性があると言われているものや、アレルギー誘発になると言われているもの、炎症を起こすと言われているもの、ホルモン異常を起こすと言われているものなど、色んな有害性が指摘されているんですよ。

その他の危険な成分とは

このようにちょっと危険に感じる紫外線吸収剤ですが、紫外線吸収剤を使っていないと明記されている日焼け止めでも、他に避けたい成分が入っている場合があります。

例えば酸化チタンや酸化亜鉛といった、ナノ粒子。
塗り心地が良くなるので、紫外線吸収剤の塗り心地に近づけるために配合されていることもあります。

ですが発がん性の可能性が指摘されているので、やはり避けたい成分の一つ。

紫外線散乱剤を使用していることからノンケミカルとうたっている日焼け止めにも、防腐剤や人工香料など、肌に刺激のあるものが入っていることだってあるんです。

どんなオーガニック・ノンケミカルの日焼け止めがいい?

気を付けたいのは成分表です。

先ほど挙げたように、一部だけオーガニック、一部だけ無添加という物も少なくないので、よく成分を見極めることが大切なんです。
成分一覧には「紫外線吸収剤」「ナノ粒子」などとは書かれていません。

例えば紫外線吸収剤としてオキシベンゾン、パラアミノ安息香酸など、いくつか名前を調べたり知っておく必要がありそうです。

ノンケミカル・ナノ粒子不使用の日焼け止めなら!

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド 50g¥3,780(税込)

SPF30・PA+++ / ウォーターレジスタンステスト済

美白の研究だけではなくUV商品も優秀なポーラ。
肌に負担をかける紫外線吸収剤フリーのノンケミカル処方ですが、日常生活で十分なSPF30・PA+++
ウォータープルーフほどではないものの、ウォーターレジスタンステスト済みなので、海やプールといったレジャー使用でなければ安心して使えます。
2歳のお子さんから使えるので、もちろんクレンジングも不要。

日焼け止め・紫外線対策関連記事