リップとヘアーのUVケア

暖かくなってくると特に意識するのが、紫外線対策

UVケア商品も多く店頭に並ぶし、今年のUVケアはどれにしようかな…と選ぶのも楽しいですよね。
ところでそのUVケア、顔や体だけにとどまっていませんか?

髪の毛や頭皮も日焼けしている!

私たちの身体で日差しからもっとも近い部分は、頭。
だからこそ顔の日焼け、シミ、しわが気になるのですが、もっと近いのは髪の毛です。

顔同様、髪の毛も紫外線によって老化してしまうんですよ

紫外線を浴びると髪の毛のキューティクルがはがれてしまったり、髪の毛の成分であるアミノ酸が酸化してダメージが進んでしまいます。
その結果、枝毛や切れ毛、パサつきやごわつき、まとまりの悪さなどにつながるんです。

カラーリングした髪の毛のダメージがすすんで色が退色したり、地毛であっても色が明るく抜けてしまうこともあります。

また、髪の毛だけではなく、頭皮にだって紫外線は届いてしまっていますよね。
すると毛母細胞の働きが弱まり、抜け毛や白髪の原因にもなるんです。

パサついた髪の毛や白髪は一気に見た目年齢を上げるので、UVケアは髪の毛や頭皮にも絶対に必要です。

UVケアを忘れがちな顔のパーツとは

顔や体、そして髪の毛へのUVケアは万全! 
でも忘れられがちなパーツがあります。

それは、

唇には、皮膚のように皮脂腺や汗腺がないため、汗をかいたり皮脂が出たりということがありません。
そのため皮脂膜を作れず、外からの影響を受けやすくなっています

また、角質層が薄いから水分を保つ機能が弱く、バリア機能も弱いというデリケートな部分でもあります。
口紅を塗っているとその油分が紫外線を吸収してしまうので、シミにもなりかねません。

唇の色がくすみがち、荒れやすい、冬だけでなく年中カサカサしている、という人はぜひ、保湿だけでなくUVケアを日頃からするようにしてください。

頭皮や髪の毛には、どんなケアがいい?

頭皮や髪の毛への一番有効なUVケアは、日傘を使ったり帽子をかぶること。
特に負担をかけずにすぐ取り入れられるのでオススメです。

UVケア用品として作られている日傘や帽子にも、色んなデザインの物が増えてきていますよ。

また、髪の毛を長く伸ばしている人は、外出する際はなるべく髪の毛をまとめておくといいです。
なるべく紫外線があたる面積を小さくすることで、ダメージを少なくすることができます。

そして有効な手段としてもう一つ、髪の毛専用のUVケア商品を使うこともオススメです。
特にスプレータイプの物が最近は多く出てきていますが、スプレーなら髪の毛にも気軽に使えますよね。

つい紫外線を浴びてしまったなら、トリートメントで丁寧にケアをしたり、UVケアもしてくれるドライヤーを使うようにしましょう。

唇にはどんなケアがいい?

唇にはぜひ、UVケアができるリップを使いましょう。
SPF20ほどのもので普段使いにちょうどいいし、保湿しながらケアができます。

また色つきのものや美容成分がたっぷり入っているものもあって、選ぶのが楽しくなりますよ。

ですがこれらのリップは、唇が荒れている時に使うと刺激が強すぎて、より荒れてしまう場合もあります。
また寝る際のケアとしても刺激が高いので、日中だけの使用にとどめておくのがいいです。

食べたり飲んだり話したりすることでUVケアしても落ちやすいので、こまめに塗るようにしましょう。

髪の毛同様、帽子や日傘で唇へのUVケアもできるので、こちらも併用すると効果が高まりますよ。
唇を舐めてしまうとリップの効果が弱まる上に、唇をより乾燥させてしまうので、気を付けましょう。

日焼けしてしまったようであれば、まずは唇をしっかり冷やしてからワセリンなどでたっぷりと保湿するのがオススメです。

日焼け止め・紫外線対策関連記事