日焼けのケア

気を付けていたつもりでも、ついやってしまいがちな日焼け。
特に海などのアウトドアでは、絶対に日焼けしない!というのはちょっと難しいですよね。

そんな日焼けも、その日のうちの対策でしっかりケアできちゃいます。

まずは冷やす!

日焼けをしてしまった日は、必ず肌を冷やすように心がけましょう。
日焼けは字のごとく、日に焼けた状態、つまりヤケドに近い症状です。

ヤケドの処置と同じくシャワーや冷たく冷やしたタオルなどで肌を落ち着かせてあげるといいです。
タオルがぬるくなったらまた冷たく冷やしたものに替える、と言う風に繰り返しましょう。

水風呂だと一度に全身を冷やせますが、体が冷えすぎてしまいがちなので注意してくださいね。

冷やした後は、しっかり保湿する

日焼けした後は、肌の水分がなくなっているのがよくわかると思います。
肌のバリア機能がなくなっているので水分を保てなくなってしまうから、カサカサした肌になるんです。

そこで、保湿をたっぷりとおこないましょう。
いつもの化粧水や乳液でもいいのですが、できれば普段使いではなく敏感肌用がいいです。
コットンやシートマスクは、肌に付ける時に摩擦を起こしやすくなってしまうので、手のひらでつけましょう。

冷蔵庫で冷やしておいたものだと、肌を冷やすこともできるのでいいですね。

日焼けした部分がしみて痛くなっているようであれば、アベンヌウォーターなどの水スプレーがオススメ。
お肌にやさしい温泉水のスプレーなので肌に優しいし、しみませんよ。

その後は水分が蒸発しないよう、オロナインやアロエ軟膏などを塗るようにします。

体内から水分補給を!

日焼けした日は特に、多めに水分をとるようにしましょう。
肌への水分補給として保湿、そして体の中からの水分補給をすることで代謝が良くなり、治りが早くなる効果が期待できます。

ガブガブと飲むのではなく、こまめに飲むようにするのがオススメです。

早寝を心がける!

代謝を良くするのは水分補給だけではなく、睡眠も当てはまります。
なるべく早く寝るようにして体へのダメージを治すようにしましょう。

新陳代謝が良くなればメラニンの排出も規則正しくできるようになり、シミになるのを防げますよ。

美白化粧品は、落ち着いてから使う!

日焼けした!と気付くとすぐ使いたくなる、美白化粧品。
ですが、こういった化粧品に含まれている美白成分は、日焼け直後の肌には少し刺激が強すぎるんです。

日焼け直後は軽いヤケドの状態。
ヒリヒリとする痛みや赤み、腫れが引いてから使うようにしてくださいね。

≫サエルの口コミレビューをみる

日焼け止め・紫外線対策関連記事